育毛剤でできる事

育毛剤と発毛剤は使い分けしないと意味がない

投稿日:

育毛剤と発毛剤は、どちらも薄毛に悩む人にとって役立つ製品ですが、言葉のイメージとは大きく異なり全く役割が異なる製品となっています。

なぜなら、主に次のような違いがあるからです。

・育毛剤は今ある毛を太くして抜け毛を最小限に抑える役割を持つ
・発毛剤は新たな毛を生えさせる成分を配合しているから抜け毛を防ぐわけではない

既に薄毛が進行していて毛根から毛が生えていない状態で育毛剤を使っても、抜け毛を防ぐ毛が無いわけですから意味がありません。

一方、発毛剤をむやみに連用することは、頭皮の環境を悪化させる原因となるために逆効果となりかねないわけです。目

安として既に薄毛だとすぐに見て分かる状態ならば発毛剤を選択し、そろそろ薄毛が心配だからという状態でまだ毛が十分に生えている状態ならば育毛剤が役立ちます。

育毛剤と発毛剤では、そもそも配合されている成分にも違いがあるからこそ、どちらを利用するべきかチェックした上で活用することが大切です。

医薬部外品の育毛剤で早期に抜け毛を予防しよう

育毛剤は医薬部外品の製品が多く、医薬品とは異なり使用すれば確実に抜け毛がなくなるというわけではありません。

抜け毛の原因となる頭皮の血行不良や栄養不足を血行促進と新陳代謝アップにより防ぎ、毛根から太くしっかりした髪が生えるように頭皮の環境を整える役割を持ちます。

頭皮が畑で毛髪が野菜ならば、太くて元気な野菜を育てるために畑に肥料を与えて水をたっぷりかけるように、育毛剤は頭皮の血行促進により毛母細胞が必要とする栄養分をしっかり補給できる状態を作り出すわけです。

このため、育毛剤を使用している最中に育毛サプリを併用することが可能であって、発毛剤とは異なり併用禁止とならない違いがあります。

なぜなら、育毛剤はあくまでも頭皮の血行促進効果が狙いであって、頭皮の環境を良くするために必要な血行促進成分が中心だからです。

育毛サプリは、髪を作る際に必要となるミネラル分を豊富に含んでいるからこそ、原料を供給する役割があります。

育毛剤により血行促進された頭皮に、育毛サプリで髪を作るための成分が血液中から届けば既存の髪をより太く成長させることが可能です。

医薬品の発毛剤で薄毛治療を積極的に行う

医薬品指定を受けている発毛剤は、元々発毛剤として開発が進められたものではなく、狭心症の薬として開発された際に本来の性能よりも副作用として発毛効果があると認められたことがキッカケで発毛剤としての臨床試験が行われた経緯があります。

このため、発毛剤として認められているミノキシジルを始めとした各種成分は、心臓に対する負担を医師の判断により経過観察しながら使わなければなりません。

発毛剤は医薬品として開発されているので、臨床試験結果に基づき副作用に注意しつつ利用すれば効果が認められることが分かっています。

既に頭皮が外から見えてしまっていて、太く育てる毛髪が無い状態ならば発毛剤により毛髪を生やす所から始めなければなりません。

育毛剤と比較して医薬品は臨床試験により得られた副作用リスクを伴うことが判明しているので、確かに発毛効果が認められるものの副作用を管理しなければなりません。

また、複数の発毛剤の中から本人に最も合うタイプの発毛剤成分を見つけるためには、一定期間使用した後で効果測定を医師の目で確認する必要があります。

毛髪が生えていない部分から新たな毛髪を生えさせることが出来れば、育毛剤へ切り替えて今度は育てるという段階へ進むわけです。

また、一部の発毛剤には男性ホルモン抑制成分が含まれているので、効果が強く出すぎていないか健康管理を同時に行わなければなりません。

育毛剤と発毛剤は併用しても良いのか

育毛剤と発毛剤は、得られる効果だけでなく使用目的がまるで異なることから、併用してしまうと効果を打ち消し合うことがある一方で、効果が強く出すぎてしまうことも珍しくありません。

育毛剤は医薬部外品ですから効果の出方には個人差があり、激しい反応を起こすことは滅多に無いです。

しかし、発毛剤については医薬品として副作用が僅かながら確認されていることから、なるべく他の成分と併用して使用することは医師の判断を鈍らせる原因となるため避けなければなりません。

発毛剤に含まれる成分が本来は心臓病治療薬として開発されていたことを考えれば、発毛効果が表れずに心臓に負荷をかける効果が出てしまうこともあり得るわけです。

医師が副作用を管理する際の原則として、薬の併用を避ける成分を見極めることになりますが、使用している育毛剤について医師が全てを把握しているわけではありません。

例外として医師から育毛剤と発毛剤をセットで利用するように勧められた組み合わせで使用する場合に限り、併用が認められると考えて良いです。

特に高血圧や心臓に疾患を抱えている場合には、医師の判断により発毛剤の使用が出来ないことがあることを考えれば、発毛効果が高い分だけ医師による管理が必須となる発毛剤を使う際には用法用量を正しく守る必要があります。

育毛剤・育毛サプリ最新情報

-育毛剤でできる事

Copyright© HMRクリニックの医療脱毛がおすすめ!気になる料金や店舗最新情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.